2017年08月12日

グアム着弾まで14分?どこに避難する?

Hafa Adai! Manamiです

連日のニュースが世の中を騒がせていますが、
当のグアムはいたって変化なし。

強いて言うなら従業員との会話に北の話が上がる位。
ただこっちの人そこまで気にしてなくて・・・
気にしていないというより、危機感がないというか。

シェフに言わせると、地震大国で台風も多くて、さらに
原爆投下を受けた日本できちんとした教育を受けてきた日本人とは
やはり危機管理も違う。
(日本って本当に被害からの教訓が凄い!)

グアム島知事のカルボさんなんて、「大丈夫ですよ、脅威はありません」て。
おやおや、と島民が少し怒っていると、昨 日(8/11) やっとやっと緊急ガイドラインを公開。

K10011097821_1708121515_1708121516_01_03.jpg
「北朝鮮の核兵器攻撃も想定 グアムが緊急ガイドライン」
出典: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170812/k10011097821000.html

大丈夫だと思うけど、でもやっぱり何かあった時の知恵って
後で必ず役に立つと思うんですよね。

従業員に緊急時の待ち合わせ場所は決まってる?と話したら、
「そんなこと言わないでよ、縁起でもない」バリに言われたので、
少し悲しくなりました。

これは、この子たちがいけないんじゃない。
こういう教育に積極的に投資してこなかったグアム政府。
今こそ見直すべきなんじゃないか?と、勝手に意気込む。
(私たち日本人は外国人なので、何も権利はありませんが・・・)

あぁ、本当にこういった危機管理教育みたいなのって大事。
だから当店でも何かが起きた時の為に、観光客の方なんて
どこに逃げたらいいかなんて分からないだろうから、
案内できる場所をピックアップしています。

ローカルのマネージャーに聞いたら、自分の命が一番大事なので、
一目散に自宅に帰る、と言っていました。
いやいや、これだけはお客様に案内して!と資料は渡しましたが、
これがローカルワーカーの現状です。

これが悪いとは言いません。
そもそも日本人の感覚と違いますから。
私がお伝えしたいのは、日本からグアムを含む海外に旅行へ行く時にこれを心得ていて頂きたいということ。

大丈夫だとは思うけど(2度目)、もし何かあった時に自分の身は自分で守る為に
どうか情報収集をお願いします。
今回なら、頑丈な建物はどれなのか、観光しながら記憶にとどめる事や
緊急事態の際の集合場所など。

備えあれば憂いなしです!!

Si Yu'us Ma'aseManami

グアム情報ブログはこちらへ★
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
posted by fujiichiban-usa at 20:22| グァム ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]